凄すぎる!最新医療の治療術

このエントリーをはてなブックマークに追加

放射線治療について

膵臓がんの中には、手術によって病巣を取り出す手法がありますが、なかには手術ができないような種類のがんもあります。
そのような場合、特にほかの臓器への転移が見られないのであれば、放射線治療を活用することもあります。
文字通り、放射線を使って、がんの治療をすることを指します。
放射線をがん細胞にあてることによって、がん細胞の増殖を抑制する効果が期待されています。
なぜこのようなことができるかと言うと、がん細胞が持っているDNAが放射線の働きによって、破壊されてしまうからです。
その結果、DNAの複製をすることができないので、細胞分裂することができなくなってしまうのです。
放射線には残念ながら、正常な細胞とがん細胞を区別することはできません。
ですから、がん細胞の近くにある正常な細胞にも、放射線が当たれば、DNAが破壊されてしまいます。
このため、正常な細胞にも多少のダメージがいく可能性があります。
しかし一般的には、正常な細胞もがん細胞も細胞分裂をすることによって、増殖していきます。
ところが、がん細胞の方が細胞分裂のペースは速いので、より放射線を照射することによって、細胞増殖を抑えることができるわけです。
またがんに罹患をすると、代表的な症状の中の一つに、痛みがあります。
先ほど紹介をしたように、がん細胞は早く増殖していきますので、どんどんがん細胞が大きくなってしまいます。
すると周辺の神経をどんどん圧迫していってしまうのです。
その結果、痛みとして私たちは近くをしてしまいます。
そこで放射線治療をすることが有効になる可能性があります。
先ほども紹介したように、放射線治療を施すことによって、細胞分裂をできないようにして、がん細胞の成長を押さえる働きがあります。
この結果、神経への圧迫が起きにくくすることができます。
よって放射線治療を行うことによって、がんによって発症する痛みを軽減する効果も期待することができるわけです。
放射線治療は二次的な治療として使われることもあります。
まずは手術によって、膵臓がんの病巣をとってしまいます。
しかし目に見えないところで、がん細胞が生き残ってしまう可能性があります。
そこで放射線治療をすることによって、目に見えないがん細胞を破壊して、再発の防止をするという手法をとることもあります。
がん治療ですが、いろいろな方法があります。
その中のうち、複数の治療法を組み合わせて治療を実施することも少なくありません。
Copyright (C)2017凄すぎる!最新医療の治療術.All rights reserved.