凄すぎる!最新医療の治療術

このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫療法について

私たちの体の中には、がん細胞があります。
健康な皆さんでも、細かくからだじゅうを見ていけば、がん細胞を発見することができます。
しかし多くの人は、がんの症状を呈することはありません。
なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
実は私たちの体には、自然治癒力と言うのがあって、もしがん細胞が現れたとしても、それを自分の中で治癒するだけの力があるのです。
免疫細胞という言葉を聞いたことがあると言う人も多いでしょう。
この免疫細胞の働きによって、がん細胞ができたとしても排除することができているのです。
がんの症状を提示している人は、この免疫力が何らかの理由で落ちてしまっていることで、がんに罹患してしまっているというケースが多いです。
そこで、がんの治療の中の一つの手法として、免疫療法を採用するケースもあります。
免疫療法は、自分にもともと備わっている免疫機能を強化することで、自分の力を使って、がん細胞を抑制することを指します。
免疫療法ですが、いくつかの方法があります。
まずは免疫反応を起こす物質を直接体内に入れてしまうという方法があります。
ワクチンと呼ばれる治療法を知っている人も多いでしょう。
このワクチンも免疫療法の一種と言うことができます。
さらにリンパ球が免疫反応の役割を担っています。
これをみなさんの体から、いったん外にとりだしてしまいます。
その上で、リンパ球を外部の刺激によって、活性化させたうえで、体内に再び戻すという方法もあります。
受動免疫療法とも呼ばれている方法です。
がんの治療の中には、抗がん剤を使っての化学療法があります。
確かにがんを抑制する効果は高く期待することができますが、体力をかなり奪ってしまい、いろいろな症状が現れる恐れがあります。
その結果、特に末期におけるがん治療の場合に、化学療法は使えないという問題点があります。
かなりの体力を奪ってしまうので、すでに末期で大量がかなり低下をしている患者に使うことができないのです。
しかし免疫療法の場合であれば、もともと自分に備わっている免疫力を活用する形になります。
このため、副作用のいろいろな症状が起きるリスクを考える必要がないわけです。
まだ残念ながら免疫療法によって、がんの治癒をすることは難しいでしょう。
しかし他の放射線治療や手術などと同時並行で免疫療法を施すことによって、治療効果が見込まれる焦れも出てきます。
免疫療法も治療の選択肢の中の一つに入れてみると良いでしょう。
Copyright (C)2017凄すぎる!最新医療の治療術.All rights reserved.