凄すぎる!最新医療の治療術

このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤による治療

もし膵臓がんと診断された場合には、化学療法を使って治療をするケースもあるかもしれません。
化学療法と言うのは、抗がん剤という薬剤を使って、治療をする手法のことを指します。
おそらくもし膵臓がんで、治療をする時に化学療法を採用する場合には、抗がん剤の中でも、ジェムザールと言う種類を使うことになるかと思います。
ジェムザールは、膵臓がんの他にも非小細胞肺がんの症状に対しても使われることの多い抗がん剤と言われています。
ジェムザールですが、週に1回くらいのペースで治療を実施することになるでしょう。
点滴によって体内に注入をしていきます。
1回当たりにかかる時間ですが、せいぜい30分と言ったところでしょうか?
化学療法は、膵臓がんに限らず、いろいろな部位のがんの治療に対してもちいられています。
確かに高い効果が期待できることはできるのですが、いろいろな副作用を起こすリスクが高まるのがネックになっていると言われています。
具体的な症状としては、吐き気や嘔吐と言った症状がおこり、食欲不振の状態になってしまうという点です。
他にもジェムザールの副作用の症状として、注射をした当日から翌日にかけて、発熱をする可能性があります。
数日でおさまるとは思いますが、発熱をした時に全体的に倦怠感が襲ってくることもあります。
さらに抗がん剤が骨髄に対して作用をしてしまうこともあります。
その結果、血液中に含まれている赤血球の数を少なくしてしまうことがあります。
その結果、感染症を引き起こしたり、出血や貧血を引き起こしたりすることもあります。
ちなみにこれらの症状ですが、個人差があって、ジェムザールの投与を受けても現れる人とそうでない人とがあります。
もしもジェムザールの投与を受けて上で紹介したような副作用の症状が現れた場合には、我慢をする必要はありません。
医者や看護師さんに相談をしてみましょう。
そうすれば、その副作用に対応をした薬剤が処方されると思います。
例えば、吐き気や嘔吐が現れるのであれば、吐き気を押さえることができる薬剤があり、それを処方してくれるでしょう。
またもし発熱がひどいのであれば、解熱剤が投与されるでしょう。
ジェムザールですが、特に妊娠をしている人や子供がいて母乳で育てている人は注意しましょう。
抗がん剤を投与されている状態では、木刑事が生まれるなど、赤ちゃんの育成に大きな影響をもたらす可能性があります。
夫婦で子供の相談をしている場合には、抗がん剤治療をしている間は否認をしたほうが無難です。

健康・医療でも話題の症状について、便利なココでチェックしてみてください

  • iText PDFについてはこちらのWebサイトがオススメ。
Copyright (C)2017凄すぎる!最新医療の治療術.All rights reserved.