凄すぎる!最新医療の治療術

このエントリーをはてなブックマークに追加

手術可能と不可能

もしあなたが膵臓がんと診断された場合には、がん治療をすることになります。
膵臓がんの治療ですが、一般的には手術と言う方法がとられることになるでしょう。
がんの病巣部分はもちろんのこと、もしかすると目に見えない所にがん細胞がある可能性もありますので、もう少し範囲を広げて病巣を外科的に取り除くことになります。
膵臓がんでは、大きく分けて2種類の手術法のうちのいずれかがとられることになります。
一つは、膵臓とリンパ節や神経組織を取り除く方法です。
リンパ節や神経組織は、がん細胞が転移をしやすいので、先手を打って除去してしまうのです。
もう一つの方法として、リンパ節の切除は、膵臓から離れた所にある場合には、切除をしないという方法もあります。
前者の広範囲の切除をしてしまったほうが、がんの再発を防げる可能性は高いということになります。
しかし一方で、手術時間が長期化になってしまいますし、出血量なども大きくなってしまいます。
さらには、手術をした後に合併症を引き起こすなど、体にかかる負担が大きくなってしまいます。
後者の場合、切除の範囲が限定的になりますので、時間はかかりませんし、体にかかる負担を小さくすることができます。
しかしもしかすると目に見えないところで、がんの病巣が残される可能性があります。
その結果、再発をしてしまう可能性もありますので、リスクが高くなってしまいます。
ちなみに膵臓がんの治療では、手術が一般的に採用されますが、一部手術をすることができないようなケースがあります。
手術ができないケースですが、まずは転移の症状がみられる場合には、手術を行うことができなくなってしまいます。
また腹膜播種のようなおなかの中にがんがすでに広がってしまっている状態でも、手術をすることができなくなります。
また血管にがんが人がっている、しかも重要な臓器に栄養を届けるような大きな血管にがんが広がってしまっている場合でも、手術をすることができなくなってしまいますので、その点も注意しましょう。
また膵臓がんが進行をすると、食事を食べることができなくなってしまうことがあります。
これは、十二指腸がつまりを起こしたり、膵管や短観の中で問題が起こっていることが食欲不振の症状の原因と言われています。
もしこのような症状が起きて、体力の低下が顕著になりそうな時には、バイパス手術を行うことがあります。
位と省庁を直接バイパスで結ぶことによって、食欲不振の症状を解決します。
Copyright (C)2017凄すぎる!最新医療の治療術.All rights reserved.