凄すぎる!最新医療の治療術

このエントリーをはてなブックマークに追加

食事の対策

膵臓がんの治療をしているときの食事についてですが、どのような治療方針を採用するかによって、食事の内容は変わってくると思ってください。
基本的に治療をしているときに、これをこうしなさいと言った指導を細かく受けることはありません。
しかしやはり脂肪分の高いようなカロリーの高い食事をとることは控えるべきでしょう。
野菜を中心とした料理で、栄養バランスのきちんと取れているような食生活にすることを意識することをお勧めします。
膵臓がんの治療として、抗がん剤を使った化学療法を採用している患者もいるかもしれません。
その場合には、注意として、吐き気などの副作用の症状が起こりやすくなってしまうことを頭の中に入れておく必要があります。
もし食べすぎてしまうと、吐き気を催しやすくなりますので、1回当たりに食べる食事の量は少なくすることをお勧めします。
その上で、きちんと栄養分を摂取するために、1日の食事の回数を増やしていくことをお勧めします。
化学療法をしている人は、市販されている機能性食品と言って、コンパクトサイズの食べ物の中にいろいろな栄養分がバランス良く配合されている食品があります。
健康補助食品として販売されている商品も多いですが、このようなものを食べるようにしている人も多いです。
量は少ないですが、必要な栄養分をきちんと摂取することができるところがメリットと言えます。
膵臓がんの治療で、手術を選択する人もいるでしょう。
手術の中には、膵臓の全摘出手術を受ける人も出てくるかもしれません。
この場合、かなり体力を使っていますし、臓器への負担もかなりのものになっている可能性が高いです。
そこで、最初のうちはお腹に優しい食べ物を食べるところから始める必要があります。
そのために、最初のうちの食事ですが、おかゆと言うことになるでしょう。
おそらく最初のうちは、下痢の症状が起こりやすくなると思われます。
ひどくなってくると、食事のたびにトイレに駆け込むことになってしまうケースもあると言います。
ですから、最初のうちは、お腹に負担が極力かからないようなおかゆからスタートするのが一般的です。
そして徐々におかゆに慣れてきたら、自分の食べたいものを食べるようにすればいいでしょう。
しかしこれも徐々に消化しづらいものにステップアップすることをお勧めします。
最初から飛ばすと、また下痢の症状を催すことになってしまって、逆戻りをする羽目になってしまうかもしれません。
Copyright (C)2017凄すぎる!最新医療の治療術.All rights reserved.