凄すぎる!最新医療の治療術

このエントリーをはてなブックマークに追加

転移に注意

膵臓がんには、他の臓器で起きるがんとは違った特徴があることを認識しておきましょう。
それは、転移をしやすいという点についてです。
転移ですが、多いのはリンパ節や腹膜への転移があります。
リンパ節に転移をしてしまうのは、がん細胞が発生した膵臓からリンパの流れに乗ってしまって、リンパ節にたどり着いてしまって、そこで増殖をすることによっておこるのです。
リンパ節からリンパ節に転移をしてしまって、増殖を繰り返すことで、どんどん症状が悪化してしまうこともあります。
膵臓がんの治療法の中で、手術があるのですが、リンパ節も切除するという方法がとられます。
こうすることで、転移先を潰して、がんの再発を防ぐことができるわけです。
また腹膜点にとは、膵臓でできたがん細胞が腹腔内に散らばってしまう症状のことを指します。
こうなってしまうと、たんぱくを含んだ腹水がたまってしまうような症状が現れる可能性もあります。
他には血行性転移という症状がおこるリスクも高くなると言われています。
これは、膵臓ででいたがん細胞が血液の中に入ってしまって、血液の流れに乗って、他の臓器に行ってしまって、そこでがん細胞の増殖がみられる症状のことを指します。
ちなみに膵臓がんの特徴として、転移をするほかの臓器としては、肝臓が多いということが挙げられます。
なぜ肝臓に転移をするかについてですが、膵臓との血液の流れに関係していると言われています。
膵臓から流れた血液が次に向かう場所として、肝臓があります。
膵臓でがん細胞が発現をすると、血液の流れに乗って、最初の臓器である肝臓に引っかかる可能性が高いと言われています。
その結果、肝臓に転移をしてしまう可能性が高いです。
実際に膵臓がんで手術をして、きちんと病巣を切除することができても、半分以上の確率で、その後肝臓への転移がみられてしまうと言われています。
膵臓がんはほかの部位で発症するがんと比較をして、症状の進行の度合いがかなり速いと言われています。
このため、より転移をする危険性が高いと言われている病気でもあります。
ですからもし膵臓がんと診断をされ、治療をする場合には、転移が起きる可能性もあるということは、頭の中に入れておくべきでしょう。
その上で、どのような治療法を施すのが、自分にとって、最善の選択肢なのかということを検討することです。
医療の専門家である医者のアドバイスなどを聞きながら、後悔のないような選択をするべきでしょう。
Copyright (C)2017凄すぎる!最新医療の治療術.All rights reserved.